HOME > 治療の流れ



まずは、問診票に症状などを記入してお持ち下さい。
お口の状態を診させていただきます。気になることがあれば、なんでも聞いて下さい。
(詳しくは初診相談のページをご覧下さい。)


エックス線写真 歯型 咬み合わせの位置の記録を採り、正確な状態を分析します。
検査といっても痛いことはしませんので安心して下さい!


検査結果・治療計画をお話し致します。
具体的に模型やレントゲン画像をご覧頂きながら、これからどういう治療をしていくかご説明致します。
お話を聞いていただいて、治療をするかしないかじっくりご検討ください。


唾液を採って、唾液の中に虫歯菌がどのくらいいるかなどを調べます。
汚れを染め出して、汚れがたまりやすいところを歯科衛生士と一緒にチェック!
歯磨きの練習もします。

①~④までは、お子様~大人の方まで同じ流れになります。 




(7歳前後~)
いよいよ治療の始まりです!でも、その内容は人それぞれ。
使う装置も顎や状態によって違います。
この時期は、1ヶ月に1度くらいの通院を1~2年続けることになります。


例えばこのような取り外しの出来る装置を使い、身体の成長に合わせて顎を広げたり、咬み合わせの位置を動かして永久歯の治療に向けて準備をします。



早期治療が終わったら、約3ヶ月に1度のペースで通院していただき、成長発育や歯の状態に問題がないかなどチェックします。
また、成長のピークはいつ頃か、永久歯に生え替わっているかなどの観点から、本格治療の時期を見極めます。



本格治療に移行できる時期がきたら精密検査をして、第Ⅰ期治療の効果から、今の状態を分析します。
本格治療の治療計画を立て、お話し致します。
(咬み合わせと歯並びが整ったら、ここで治療が終了することもあります。)



すべての歯にマルチブラケットという装置をつけて治療開始!
治療中は1ヶ月に1度くらいの通院を1~3年続けることになります。
(個人差があり、場合によってはもう少し通院期間が長くなることもあります。)


このような装置をつけて、歯並びや咬み合わせを整えていきます。
ワイヤーを留めるモジュールというゴムは50種類ほど色がありますので、毎回変えて楽しんで下さい!!


歯がキレイに並んでよく咬めるようになったら矯正装置をはずし、かわりにリテーナーという装置をつけて、動いた歯を安定させる期間に入ります。
リテーナーを使い始めてから3ヶ月間は月に1度のペースで通院していただきますが、その後経過が良ければ(後戻りの兆候がみられなければ)3ヶ月に1度のペースで通院していただき、問題がないかチェックします。
このリテーナーをサボると、あっという間に元の歯並びのように戻ってしまいます!
最後の頑張りどころです!

保定観察の期間は約2年間です。










LinkIcon

TEL 
026-217-8811
E-mail
hawaii@smileshine.jp

お電話受付時間
AM 10:00~13:00
PM 15:00~18:00
(日曜日~金曜日)

※休診日もありますので
診療日カレンダーをご覧下さい